工藤英一のホームページ

                          新しい「江北まちづくり会」のホームページは

                  動き出しました。下のURLをクリック!

                           http://kouhokumachizuku.mods.jp




4月から江別市都市と農村の交流センター「えみくる」が出来ました。
http://ebetsukouryu.mods.jp

江別市地域おこし隊
江別市の職員として地域おこしに様々な活動をしている皆さんのページを紹介します。
ベーカリー 紹介
先日、江別の農家さんが「ベーカリー麦の穂」を開店しました。三番通り、消防学校の向かいにあります。ちょっとわかりずらいですけど、ご紹介しておきます。
http://muginoho.main.jp
住所・店舗  江別市錦町47-6
定休日は日曜、月曜、祝日
open 10:00〜16:00
ぜひ一度訪問してみてください
電話:011-384-5411

ネットで農産物の販売
杉本農産
http://www.shunkashusai.com
以前から大変お世話になっております。
電話:0120-8313-86
平日:9:00〜17:00
休日:土日祝日

町村農場
ご存じ有名牧場です。
http://machimura.mimoza.jp/shop/
旧町村牧場
移転前の町村牧場はそのまま保存されています。
http://old-machimura.jimdo.com/

米村牧場
江別市角山
http://yonemura-farm.com


ついでに江別市郷土資料館で江別式土器などの視察をしましたが、とても親切に説明をしていただいて、勉強になりました。この展示してある土器の数のすごいこと、以前お伺いした時はなぜかあまり感動しなかったんだなこれが。不思議。

逸品紹介

 江別市には素晴らしいものがたくさんあります。最近発見したものに、

江別市役所の地下で、江別の農家さんの作った豆腐を販売しています。隠れた名産です。予約が必要です。絶品です。予約制とはすごいですね。

知らなかった。今年のつるのこ大豆、青大豆です(2015.12.19)

市役所地下売店電話011-382-4141

江別アンテナショップGET’S(東野幌町3)でも販売しているそうです。

 そのほかトマトケチャップやジュースなども作って販売しています。防災センターでも販売しています。

(北海道新聞12月16日掲載)


鈴木章先生のノーベル化学賞顕彰額(9.30)

遅ればせながら市内の小学校・中学校に先生の偉業をたたえた顕彰額を

贈る贈呈式を行いました。

久しぶりにバイクに乗りました(9.30)

厚田の道の駅です。

50年ぶりに恩師と呑み会(9.25)

見たところ恩師と同じような年に見えます。みんな年を取ったな。50年ぶりですからね。(9.25)

ようやく日常生活に

とは言いつつもなぜか夜中の3時頃に地震が頻発。今日は震度3.落ち着かない毎日ですが、ようやく本を読む気分になってきました。


 立花隆著「知的ヒントの見つけ方」はとても面白く読んだ。考え方がとてもフレキシブルで、柔軟な人だ。彼のことをマックレーカーと呼ぶそうだ。アメリカでは腕利きのジャーナリストに与える褒め言葉だそうである。

 マックレイキングとは「堆肥の山をサスマタのような農具でひっかきまわすことであり、すさまじい悪臭を伴うから農作業の中でも農夫に一番嫌われている。しかし、いい堆肥を作るにはそれはぜひとも必要な空気入れの作業なのである」と解説していた。農業関係者としてはよくわかる例えですね。彼の解説は自民党でも、民主党でも遠慮なしである。小気味の良い本だ。(9.17)



9月6日は胆振東部地震が(9.6)

我が家も夜中に震度5強の地震に見舞われてから2日間電気なしの生活を強いられ、昨日の夜9時15分ごろようやく電力が回復。ほっとしました。しかしその間明かりは懐中電灯でしのいでいましたので、夜になるといつまで続くのかという不安がありましたので、やはり寝不足になりましたね。大麻体育館では避難してきた方が毛布にくるまっていたり、ダンボールで囲まれているところで休んでいる人もいたようです。精神的な疲れもあるので、回復には少し時間が必要です。

昨日は台風が北海道を襲い、自宅のサクランボが

倒れそうになりました。(9.5)

サクランボの木は根っこから傾いたので、ひょっとしたらだめかもしれませんが、桜の木を支えにしてとりあえず立っています。


酪農学園大学の農場隅で、ピザ(8.7)

教職課程のゼミ生や先生方とビニールハウスの横でピザ窯を2台持ち込んでピザを焼いてみました。

のどかで、日本晴れでした。熱中症には気を付けないとね。



学生さんが作ったピザは美味しかったですね。


JR学園都市線新十津川駅に行きました。(7.29)

学園都市線の終着駅です。9時半ごろについて10時最終です。日本一早い終電です。鉄ちゃんがたくさん訪問していました。あいにくとても暑い日でしたが、そこから歩いて滝川駅まで行って、帰ってきました。JR企画のウオーキングに参加したような形です。途中金滴酒造によってきました。


樽前山に登りました。(6.26)

まず西山994m、通称北山932峰、東山1022m

相変わらず風の強い山だ。毎年この季節に登るのが楽しみだ。今度登るときは風不死岳にも行きたいと思う。意外なことに全部登る人はあまりいないみたいですね。(6.26)

最近の読後感

@細川博昭著「身近な鳥のすごい事典」(新書版)は自宅の周りにいる身近な鳥たちの古今東西を解説したもので、なかなかウンチクに富んだ本だ。「日本書紀」、「古事記」等の紹介して歴史的書物などの登場する。おすすめの1冊です。

Aレーザー・アスラン著「イエス・キリストは実在したか」(文庫版)

これはなかなかセンセーショナルな題名の本で、なぜかネットでそういう題名の問いかけがあって、興味を持っていたところにこの本の存在を知って、一応読んでみたくなって読んだ。内容はキリストは存在したことを肯定しつつも人間キリストを描こうとしたものだ。300ページを超える大作なので、理解が及ばなかった点も多いが、時代背景など普段聖書の中では関心がもたれなかった部分に踏み込んでいたので、なかなか面白かった。キリストには兄弟がいたとか、革命家だったとか、なじみがないことも多いが、またそれが本当かどうか疑問を持ちながら読んだ。特に「復活」や「奇跡」については著者は特に否定もせずどちらかといえば、淡々と筆を進めていたようだ。(6.30)

旧町村牧場で植林活動(5.26)

100人以上集まりました。


最近は総会が多くて大変です。

江北まちづくり会や、大麻、文京台のまちづくり会、酪農学園など。

6月に入ったら樽前山にも行かないと。3時間かかります。風不死岳は登れないかな。(5.31)


紋別岳に登りました。(5.13)

とても暖かい日で、絶好の登山日和でした。途中テンが現れてびっくり。

ホンドテンという名前だそうです。


東京の御岳山(みたけやま)に行きました。

前日電車に忘れ物をしてしまい、一日その後始末で、大変でしたが、幸い次の日に駅に届いていることがわかり、東京の人の温かみを実感しました。

それでがぜん御岳山まで足を延ばしてきました。あいにくの霧でしたが、何とか目標を達成しました。(4月24日)


 その後、この山での遭難騒ぎがありました。道標が不案内なところも多く、気を付けないといけないですね。僕も一時道に迷いました。観光地ですが、責任はありますね。(5.13)


はじめて木彫りの展示会に出品しました。(4.20)

友人夫妻が来てくれました。ありがとうございます。


栗山の小林酒造のお祭りです。(4.14)


 今年から1000円で4枚の交換券を買って、250円のおちょこ1個、残りの3枚でお酒を買うシステムに変わりましたが、1回で120ccあるので、3杯で結構酔っぱらってしまいましたね。それにしても寒い寒い。来年は行くのはよそうかな。(4.14)

また円山です。(3.14)

良く晴れていました。


春が近づいて

 このところ毎日雨が降っています。道路がつるつるになってきて、転ばないように歩くのが大変ですね。今日は木彫りをしたいのですが、パソコンをいじっていると時間があっという間に過ぎていきます。管理しているホームページの更新時期になり、それがなかなかうまくいかなくて嫌になってしまいます。早く更新しないとホームページがストップしそうで気が気でないですね。仕方がないのでメールで問い合わせています。どうしたものかな。

 最近は終活気味です。お墓をどうするかとか、すぐには解決できない問題も多いです。昨日は久しぶりに円山に登りました。明日は卒業生たちと呑み会ですので、気分転換になるかな。(3.9)

円山は風が強くてすぐ下山しました。クマゲラやコゲラ、その他沢山の野鳥がいたのがよかったですね。

愛より敬意を?

 「本の窓」3・4月合併号は100円なので、安い!と思って買ってみた。

その中で中島京子さんといとうせいこうさんの対談の中で、「愛」より「敬意」をという話にびっくり。内田樹(たつる)さんの話が紹介されていた。「愛は、その場にあなたがいることに充実を与えてくれるものじゃない。そういう効果としては、むしろ「敬意」の方が上だと。「敬意」はあたえられると、「ああ、ここにいて良かった」思う。僕らはついつい、「愛」で充実させようとしてしまうけど、「愛」はひび割れたり、壊れたり、いろいろありますから。・・・「愛しなさい、もっと愛しなさい」といわれるけど、愛は水平軸の力なんです。人を上に持ち上げることはできない。「敬意」は垂直軸。自分の価値を上にあげてくれるシステムなんですね。」と。

 愛は敬意も含む概念だと思うけど、そういう視点で考えたこともなかったので、ビックリしましたね。まちおこし運動などということにかかわっていて、いつも思っていたのはいろいろ参加してくださる人たちに対して、敬意をもって接していかなければならないと思ってきたので、僕の心を打ちましたね。(3.4)

春一番(3.2)

 北海道は2日間猛吹雪です。軽トラで1回排雪に行きました。吹雪の中せいぜい出かけても野幌のイオンくらいにはなんとか行けたので、映画を見てきました。自宅では何者かにヒヨドリが狙われて、大きな鳴き声で気づいて、どうなったのかな。窓を開けたら羽がいっぱい舞い散っていました。逃げたような。猛禽類の鳥だろうか。自然環境は厳しいですね。命がけのドラマが展開しています。

 そのあとにさっそくほかのヒヨドリがリンゴのところに来ています。このヒヨドリはスズメに意地悪はしないので、安心です。

最近の本ではないけれど(2.24)

 任天堂のゲーム機に入っていたSDカードの中に日本文学100選があって

暇なので夜にベッドに入って読んでいます。古い本ばかりなので面白くないものもあるけれど、20冊読んだ。ちょっと飽きてきましたね。


今日は江別市民憲章協議会主催の(2.8)

花のある街並みづくり講演会がありました。

コテージガーデン代表取締役 梅木あゆみさん

「北国のガーデニング講座 レンガを使った素敵なお庭造り」 14:30〜野幌公民館

130人以上の集まりでしたね。


江別で皆既月食

なんせ、普通のカメラなので、よく写っているとは言えないけど、夜の9時半から陰に入り始めて、10時には赤く染まっていました。(2.1)

第11回江北ふれあい祭り(2月18日)

今年からは「えみくる」にて開催されました。左のホームページでご覧ください。ベーコンの販売やピザ窯によるピザ実演もしました。

冬の外でのピザ焼きは大変ですが、農家さんが石油ストーブ(かなり強力)

を持ってきてくれて大助かり。また、若者たちも協力してくれたので、楽しく焼けました。(2018.2.18)

まちおこし会のメンバーと

いつも有益なアドバイスをいただいています。(1.12)

円山(1.3)

ゴジュウカラは警戒心が強い鳥ですが、一度来るとヒマワリの種を二つ持っていきます。

第41回時計台サロン

北海道大学名誉教授の方に誘われて、ネパールでのジャガイモの話やJICAの方のナイル川流域の水管理についての報告を聞きに行きました。農業技術で国際貢献しようとした取り組みは日本的な貢献の仕方で、世界を平和にするものですね。(12.12)

追伸・・・新年早々池上彰のパナマ運河のTVを観ています。JICAの国際貢献はすごいですね。(1.1)


今泉忠明監修「残念ないきもの辞典

たぶん子供向けの本だと思うけど、「続」もあって2冊買って、読んでみた。

イラスト付きで結構面白く読んだ。知らなかったことがいっぱい出てきて、勉強になりましたね。読書もジャンルを問うこともなく自由に読むことが出来る年齢になると、人生も楽しさに深みが出てくるね。(12.15)


木彫家 藤戸竹喜の世界

札幌芸術の森で開催されていました。基本的に1本の木を彫ったもので出来て

いて、ビックリするほど精巧にできていました。板の上に乗せたものではないです。写真撮影が可能でしたので、それもびっくりしましたね。(12.1)

長い間空手部の顧問をしていましたが、(11.24)

正道空手部が廃部したので、学長に会いに行って、20万円の寄付をしました。

今年はついに部員がゼロとなりました。かっては40名を超える部員がいましたが、時代の変化でしょうか。仕方がないですね。


今回はマガンを彫っています。

今日は仮に足を付けてみました。土台はあくまでも仮のものです。足はこれから肉付けします。美唄のマガンの飛来するセンターのはく製も参考にしています。(11.15)

北大のイチョウ並木

毎年1度銀杏並木のきれいな時期に散歩に行きます。今年は少し寒くて、葉が少し落ちていたようです。(10.29)

縄文土器づくりの仲間たちと

野焼きのお手伝いと雑煮・焼き芋の提供をしました。(10.15)

縄文式土器の野焼きをしました。(10.15)


久しぶりにパワーポイントで、講演しました。(10.3)


秋は天候が不順です。

昨日は久しぶりに講演を頼まれてお話をしてきました。パワーポイントは2年ぶりなので、すっかり忘れていましたが、何とか終了できました。(10.4)

好天続きですので

バイクに乗ったり、北広の畑の片づけをしたり、いろいろできます。野鳥観察では最近石狩調整池に2度行きました。1周1600mあるので、結構な大きさです。今日は石狩灯台のある海岸を歩きましたが、帰りに市内の石狩川の中州ではヘラサギがヒナを育てていました。

久しぶりにバイクに乗りました。

好天でしたので、当別方面から青山を通過して、浜益まで行って、滝川、芦別、夕張を経由して帰ってきました。300km以上ありましたね。

400ccは手放したので、セローで行きましたが、取り回しは良いけど、けつはいたくなるし、限界あるなあ。(8.19)

先日感謝状を

 江北まちづくり会の10周年記念式典で頂きましたので、他の感謝状も含めて

飾ってみました。従来そのような気持ちになることはなかったのですが、年ですかね。素直に喜んでいます。そろそろ引退かな。(8.11)


余市縄文野焼き祭りに行きました(8.5)




 20年間続いた伝説の野焼き祭りですが、今年で最後になるそうで、斎藤先生と2人で見に行きました。岡本太郎の流れをくむ先生が始めたお祭りで、自由な発想で土器を焼くお祭りにたくさんの市民の方が夕方には続々と土器を持ち込みました。それを丁寧に受け取り火床に並べます。とても立派な土器もあれば、??というようなものも多数ありましたが、子供たちの作品やすでに割れているものもあって、ほほえましいものでしたね。250くらいの作品があったようです。

 余市の海岸に沈む太陽を見ながら海岸の砂の中に縦にいっぱい掘られた火床が赤く染まって、いやがうえにも皆さんの期待が高まってきます。

 次に日に「えみくる」でサマーフェスティバルがあるので夜7時ころには心の中に余韻と感動を感じながら帰ってきました。(8.5)


久しぶりに雨竜湿原に

行きましたが、薬のせいで体重が落ちていて、同時に筋肉がなくなってきていて、登りはじめの川を渡るときにこけてしまった。でも何とか湿原まで登り、無理をせずに帰ってきました。(8.4)

湿原の入り口では大きな熊のうんち!木道の上に。開けたところでの早朝ウンチは気持ちがいいのかな。リアルに大量の。熊の大きさが想像できましたね。

今日はバイクに乗りました。(7.29)

天候とか、仕事とか何かと忙しくて、バイクには今年初めて乗りました。

北広島経由で滝野経由、札幌芸術の森公園裏道を走り、真駒内の五輪橋を通って、西野まで抜けて、そのまま直進、発寒川・琴似・石狩市を回って、ロイズでコーヒータイム。そのまま帰ってきましたが、3時間走りました。


最近は「えみくる」でのお祭りで忙しかったのですが

 気分転換をしないといけないので、今日は久しぶりに藻岩山に登ってきました。今日は気温も少し涼しかったので、登りやすかったですね。リスや小鳥たちは全然いませんでしたが。(7.23)

第28回やきもの市で

好天に恵まれ、ベーコンを販売しました。時々何のためにこのようなことを継続しているか疑問に思うこともありますが、お客さんが喜んで買っていくのを見ると継続していくことの意味はあるのですね。毎年開店と同時に保冷袋をもって買いに来ていただけます。(7.11)

homepage V4

新しくバージョンアップしても何が新しくなったのかさっぱりわかりません。

しかも新しいプログラムを導入する方法もわからないので、とても苦労しました。つまらないことで時間がたっぷりとかかってしまった。パソコンに使われる典型です。やれやれ。(7.4)


樽前山に登りました。

今回は良く晴れて遠くに羊蹄山がはっきりと見れました。西山を登った後にぐるっと1周して東山に登って帰ってきました。ユックリ登りましたので、3時間半かかりました。相変わらず風は強かったですね。風不死岳に目が行ったが、今回は無理をしないことにしました。(6.5)

8)


何かと忙しい

シマエナガはようやく木彫り部分は終わり、これからは塗りです。1年1か月かかっています。畑づくりも始まりました。(4.26)



東京に行ってきました。(3月22〜25日)

たまに気持ちをリセットしたくて東京に行きました。

仲の良い友人夫妻や娘、そして東京近郊の野鳥観察、鳥の博物館(我孫子市)や大英自然史博物館(上野で開催)など4日間フル活動をしました。


上野のSLの上に野良猫が寝ていました。

我孫子市の鳥の博物館


東京大学の小石川植物園


最近読んだ本に

@地元江別の佐々木さんという方の書いた「地域史参考業務読本」という非売品の本を読んでいます。江別市にほぼ特化した本です。郷土史と言えるようなものです。すごいですね。もったいないのでゆっくり読んでいます。(3.7)


Aサンキュータツオさんの「国語辞典の遊び方」を読んでみて、辞書にも個性があることを感じた次第。僕なんかは岩波の「国語辞典」と小学館の「新鮮国語辞典」だもの。「ことばというものは客観的な存在ではなくてそのとき、そのものを、その文脈の中でどうとらえて表現しているかという、人間の心のとらえ方の問題」(P215)という。当たり前ではあるけど、勉強になりましたね。さっそく江別市の情報図書館に行って辞書の比較をしてみました。必ずしもちゃんと辞書に対しての理解がされてはいなかったのは不満が残ったけど、言葉は時代によって変わるので、辞書もそれに応じた買い方もしなければならないですね。(3.4)

B「サクサクわかるwordpress」

決してサクサクわかりませんでしたね。二つ目のホームページの作り方はまだわかりません。(3.7)



新しくホームページを作り替えます。